バレーを押さえないギター講座(8)

さて、この講座でのテーマの一つが、どうやって「F6」を押さえるか?というものである。
 
Dm7をF6として押さえる方法を紹介したが、このコードはストロークでは使いにくい。
5弦ルートでは、F69になってしまい、どうにも使いにくい。
 
そこで、4弦ルートのF6の押さえ方を考えた。
1弦、6弦はミュートしてしまう。
5,R、6と押さえる。
ストロークで使うためには、がんばって3を押さえる。

d0010259_20395413.jpg
普通は、バレーと合わせて押さえて6弦を1にするが、私にはとても無理。
最低音が5だったら、ストロークでも使えるでしょう。
 
簡単な押さえ方で、指を慣らしていくと、無理だった1フレット下の3の音も押さえられるようになってくる。
出来る方法を考えるのが重要なのだ。




[PR]
by studio_do | 2017-02-17 20:52 | 音楽 | Comments(0)
<< 又吉原作 ドラマ「火花」 バレーを押さえないギター講座(7) >>