Asus Memo padのトラブル解析

d0010259_21362668.jpg
この機種の「電源が入らない」と言うトラブルは、過放電と認識されることが多く、ネットに転がる対処法も充電に関する対処がほとんどである。

あまり書いてない切り分けの方法を書いておく。

画面が真っ暗で電源ボタンに反応しないという症状でも二通りの現象がある。

まず、PADのUSBからパソコンに接続する。
パソコンがUSBメモリとして認識しないか、もし駄目でも電源ボタンを押して1分程度待つ。
これでUSBメモリとして認識できたら、バッテリは無実だ。
10秒程度、電源ボタンを長押しして電源が切れ、もう一度電源が入ることを確認する。

この場合には、OSは起動しているが液晶が点灯しない状態だと思われる。

ここから先はいずれにしても殻割りが必要である。
USBコネクタの近くに親指の爪を押し込んで蓋を外す。

バッテリに繋がった6ピンのコネクタの両端の電圧をテスターで測る。
規格は3.8Vなので、過放電の場合には、電圧がもっと下がっているはず。
4V以上あったら、確実にバッテリは白。

バッテリを横断しているフラットケーブルが外れていないか確認しよう。

[PR]
by studio_do | 2017-06-21 21:36 | 機械室から | Comments(0)
<< Asus Memo pad 電... Orange piでLinux... >>