<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ミュージシャンのPA入門その8

をを、その8だ。 今回はプラグの付いた楽器のおはなし。

エレキギターの人はギターアンプにプラグを突っ込んでしまえばそれでおしまいなんだけど、
ピックアップの付いたアコーディオンとか、ピックアップの付いたバイオリンなんかの人は
もう少しミキサーさんと仲良くなって置かないといけない。

楽器からはたぶん6.5ミリのプラグが出ていることだろう。
それをミキサー卓に繋ぐのには、自分のシールドをミキサーまで引っ張っていくんぢゃなくて
DI(でぃーあい)というBOXを使います。
片方がキャノンのピンレセプタクルになっていて、片方が6.5ミリのジャックになってます。
ミキサーさんにDI使いたいんですけど、って媚を売れば用意してくれます。
これは不平衡の1芯シールドの信号を平衡の2芯シールドの信号に変換してくれる装置。
大抵 BOSSのDI-1という機種です。

迷うのは6.5ミリのジャックが3つも付いていること。 使い分けは以下のとおり。
INPUT:楽器をつなぐ。
PARA OUT:チューナーなどを繋ぐ。
UNBLANSE OUT:モニター用のギターアンプなどを繋ぐ。

注意点は、挿すのも抜くのもミキサーさんに大声で合図。
「でぃーあい、ぬきまーす!」
「でぃーあい、いれまーす!」
[PR]
by studio_do | 2006-05-27 02:14 | PA入門 | Comments(2)

ミュージシャンのPA入門その7

ミキサーの見方・いじり方

初めてのライブハウスでもミキサーをいじる必要があることもあります。

なんだかツマミが一杯ですが、系統立ててみればこわくありません。

ミキサーの役割としては
1)メインのスピーカーの音量調整
2)エコーなどのエフェクト調整
3)モニターの音量調整
4)音質調整
があります。

1)のメイン系で使うのは、
 TRIMやGAIN、PADなどの入力レベル設定つまみ
 各チャンネルのフェーダー
 メインフェーダー
 と、大体これだけ。

2)エコー・エフェクト系
 EFFECTとかのツマミでエコーの大きさを調整。
 エコーからの出力はミキサーの入力チャンネルを1~2chを割り当てます。

3)モニター系
 少し大きい規模のミキサーで無いとモニター系は省略されてます。
 大抵はAUXつまみがモニターに割り当てられています。
 各チャンネルのAUXツマミとAUXのフェーダーがあります。

4)音質調整
 HIGH、MID、LOWの3バンドになっているのが普通です。
 MIDには周波数調整が付いている場合もあります。

まずエコーがどの系統に繋がっているのかを確認します。
マイクでしゃべりながらEFFECTやAUXを廻してみます。
エコーからのリターンがどこに入っているかですが、大抵は一番右端のチャンネルにリターンしてます。

次にモニター系がメインスピーカ系と別になっているのかを確認します。
めでたくモニターが別になっていたら、マスターフェーダーを下げておいて、モニター系だけで音量調整をしてしまいます。 豪華版のPAだとモニターだけで何系統にも分かれてます。

さて次回はピックアップの付いた楽器の繋ぎ方です。
[PR]
by studio_do | 2006-05-25 01:36 | PA入門 | Comments(0)

ミュージシャンのPA入門その6

その6だ。

さて、ここまでで卓にマイクを繋いだ。
やっと音を出してみよう。

PAシステムには、いくつか機器があり電源を入れる順番が決まっている。
一番最後はパワーアンプだ。
基本的にはレベルの低いほうから電源を入れていく。

最低必要なミキサーのツマミを御紹介。

縦に長い1ch分のモジュールの一番上にPADとかTRIMとかGAINとかがある。
これがマイクのレベルを大雑把に合わせるつまみ。

マスターフェーダーが右端に二列ある。
全体のマスターの音量調整である。

入力モジュールの一番下にフェーダーがあってこれが俗に言うフェーダー。

さて、音を出してみましょう。
マイクの音量を決定するのはGAINつまみです。
PEAKのLEDがあれば、時々点灯する程度にGAINをあわせます。
マスターフェーダーを最低にしたまま、フェーダーを7分目(0dB)にあわせます。

それからマスターフェーダーを会場で出したい音量まで上げます。

全体の音量を調整するのに、個々のフェーダーをがばっと掴んで動かしたりしないでね。

さて、これでとりあえず音は出るようになりました。

次回はエコーの掛けかた、モニターへの返し方です。
[PR]
by studio_do | 2006-05-24 01:21 | PA入門 | Comments(0)

ミュージシャンのPA入門その5

マイクにシールドを差しましたので、反対側のコネクタをミキサーに挿しましょう。
小さなライブハウスだとシールドをいきなりミキサー卓に繋ぎますが、大きな舞台だと太いケーブルでミキサーのマイク入力を舞台上まで延長してありますので、そのBOXに繋ぎます。

勿論、ミキサーのマスターフェーダーは最小に絞っておいてくださいね。

ちゃんと8の字巻にしたシールドなら、束は全部解かなくてもあまった束は巻いたままステージの隅かスタンドの根本にまとめて置いてください。

シールドの色がたくさんあるなら、重要なマイクの色は良く分かる色にしておいてください。

マイクの種類は間違ってませんか。 楽器用のマイクをボーカルに使うなんてしないでくださいね。

次回はやっと音を出します。
[PR]
by studio_do | 2006-05-23 01:32 | PA入門 | Comments(0)

ミュージシャンのPA入門中間目次

マイクにケーブルを繋ぐだけでその4まで消費してしまったので、次回以降の予定を整理しよう。
その5 マイクをミキサー卓につなぐ。
その6 卓に火を入れよう。
その7 ミキサーの見方・いじりかた。
その8 ピックアップの付いた楽器の扱い。
その9 グライコの設定
その10 モニター設定
その11 リハーサルのやり方
その12 登場、演奏、捌け

をを、ものすごく書くことがあるぞ。 ちゃんと終わるのかな。
[PR]
by studio_do | 2006-05-22 19:40 | PA入門 | Comments(0)

ミュージシャンのPA入門その4

間髪をいれず、その4.
マイクケーブルの扱いについて。

素人が巻いたケーブルを使うと、束を伸ばすときによれよれにねじれてしまふ。
同じ方向で巻いてあると、ねじれたままだからね。
一巻きごとに逆巻にしてあると、ほどくだけでねじれがほどけてゆく。

同じ方向で巻き重ねていくとコイルになりインダクタンスが増えていくのでインダクタンスを打ち消すためにも1回ごとに裏返しに巻くのである。

これを8の字巻きといいます。

使うときは束を手に持って伸ばしていく。
余った分はそのまま束で置いておく。 
注意するのは、束の輪を反対側にくぐらせてほどかないこと。
結び目の無間地獄に陥ります。

ケーブルのコネクタで、マイクに繋がるほうを「メス側」「ソケット側」といいます。
卓側のほうを「オス側」「ピン側」といいます。

ケーブルをしまうとき、マイクから抜いたコネクタを手に持って、その上に8の字巻きで巻いていきます。
巻き終わりには卓側のコネクタが寄ってきますので、大抵そこに紐が巻いてあります。
それでケーブルを縛ります。

ケーブルを巻くとき、肘と手のひらをコアにしてぐるんぐるんと巻く人がいますが、これは素人まるだしなのでやめませう。

8の字巻きが出来ない人はケーブルの片付けをやってはいけません。
[PR]
by studio_do | 2006-05-19 23:51 | PA入門 | Comments(0)

ミュージシャンのPA入門その3

えーその2の小返しです
用語の質問とかだいぶ来てしまいましたので、解説です。

まず、SM58とSM57。
スタジオ録音にはもう少し高級なコンデンサマイクを使いますが、ライブには
頑丈なダイナミックマイクを使います。
音響機器を売っているサウンドハウスのHPのshureのページ
同じところのマイクケーブルのページ

マイクケーブルについてはPA屋の基本であって、いずれ1回分を費やして解説しようとおもっている。
ケーブルは巻いて収納するわけで、巻いて縛っておくための紐をあらかじめケーブルに縛ってあることがよくある。 その紐がマイクの根本にぶらぶらしてるとかっこ悪いよね。
 
参考になるページです。
Bacchinの部屋
TOSS’s home
不二音響のページ
[PR]
by studio_do | 2006-05-19 22:59 | PA入門 | Comments(0)

ミュージシャンのPA入門その2

「マイクを立てよう」

 最初に立ち位置を決める。 新人バンドだと誰かに指示されないと立ち位置が決まらない人が多い。
 立ち位置は客席から見ての見栄えと、プレーヤー間の意志の疎通のし易さを考えて決める。
 ミキサーがいないなら、誰か一人は卓のそばに立ち位置を決める。

 スタンドを立てる。 3本足の真ん中のシャフトのネジもしっかり締めよう。
 譜面台が必要ならここで立ててしまう。

 マイクをスタンドに取り付ける。
 大抵置いてあるのは、ボーカル用のSM58と楽器用のSM57だ。
 ボーカル用のほうが丸いスクリーンが付いている。

 次に卓側のマイク入力コネクタを確認する。 卓まで直にマイクケーブルを引っ張る場合と、
マルチケーブルでステージまでコネクタを延長してある場合とがある。

 卓のチャンネル割りをする。 
 制約はないが、ボーカルは左端に割り付けたほうがハウったときにフェーダーを下げやすい。
 あまりマイクが多いなら、基本的には端から番号を振っていく。

 シールドを用意する。 キャノンで片側ピンで片側ソケットになっているもの。
 綴じ紐がしばってあって、丸い束になっていることだろう。
 マイクにはソケット側、卓にはピン側を挿す。 たぶん卓側に綴じ紐が来ているはずだ。

 卓に挿す前にフェーダーが全部ゼロになっていることを確認する。

次回は、とりあえずの音の出し方かな。
[PR]
by studio_do | 2006-05-19 12:42 | PA入門 | Comments(1)

ミュージシャンのPA入門その1

何を書こうか。 まずは場面設定から。

ステージがあって、ミキサー卓、スピーカ、マイク、スタンドなどの設備はあるとしよう。
ミキサーとボーヤがいればお任せだが、そうも行かない場合、自力で音を出すまで
やらねばならない。

ライブハウスではなく、レストランなどでの演奏ではよくあることだ。
さぁ音出しまで時間がないんだ。 さっさと自分の楽器のマイクセッティングくらいはしてしまおう。

ややこしいのでミキサー卓からパワーアンプ、スピーカーは常設で配線済みとしよう。
そこまでやるのはまれだ。

おぉ段々イメージがわいてきたぞ。
ぢゃ、次回は「マイクを立てよう」というテーマで行こうかな。
[PR]
by studio_do | 2006-05-19 01:30 | PA入門 | Comments(0)

ミュージシャンのPA入門

ジャズのおけいこも知っていることは大抵書いてしまったので、次の話題に。

バンドをやっていて、不可欠なのがPAの知識。
知らなければ知らないでもいいのだが、バンド内で誰かは知っておかねばリハーサルができない。

PA屋、音響屋を目指すほどの知識がなくとも、マイクを立てて、PAに火を入れて音を出す最低限の知識は必要だ。
自分自身の整理も含めてしばらく書いてみようと思う。
[PR]
by studio_do | 2006-05-18 12:36 | PA入門 | Comments(0)