<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

川口千里 と モーラー奏法 総まとめしようと思ったけど

最初のきっかけは、「川口千里、上手いけどグリップが固そうだな。」と思ったことです。
貼り付けたYoutubeをご覧くださいませ。

「けいおん!K-ON! 中野梓「じゃじゃ馬Way To Go」 Jaja-Uma Way To Go 叩いてみた」 2010/03/04


けいおん! ふでペン~ボールペン 叩いてみた  K-ON!FudePen BoruPen (cover) 2010/03/01


同時期にUpされた二つの動画、ちょっとみると同じような奏法に見えます。
スティックはしっかりと握ったままで、手首の柔軟さで叩いているように見えます。
僕もこの動画を見て、今週の初めまでは「川口千里はモーラーヂャない。」と思ってました。

じゃじゃ馬の動画をスローで見たとき、衝撃を覚えました。
「ををっ、手首の動きよりスティックの可動角のほうが大きいぞ。 うわ、人差し指浮いている。」
川口千里はフリーグリップをマスターしておりました。
ちゃんとスティックを小指で保持していることが良く分かります。

一方、ふでペンの動画では、小指保持ではなく割りとしっかりしたグリップになっております。
千里ちゃんは曲想によって奏法を使い分けていたのです。
リバウンドを生かしたルーズなリズムの曲ではフリーグリップ。
タイトなバックビートが必要な曲では伝統的なアメリカングリップ。

当時、13歳ですよ。
全く、脱帽です。

フリーグリップじゃないグリップでも柔軟な手首によって、スティックの重さ+手首の重さがヘッドに伝わり、師匠と変わらぬ大きな音が出せています。
もっと成長して腕の脱力が習得できればもっと爆音が出るでしょう。

千里ちゃんの動画を手本にしているけいおん!ファンが多数いると思いますが、一度スローで見てくださいね。
曲によって使い分ける微妙なフリーグリップが分かると思います。
[PR]
by studio_do | 2011-11-26 11:10 | 音楽 | Comments(0)

川口千里論 総まとめ

いろいろ、勝手なことを書いてきた「川口千里論」。

結論めいたことがあるとすれば、ということをここに書いた。

よければ、飛んできて読んで見てね。
[PR]
by studio_do | 2011-11-23 22:43 | 音楽 | Comments(0)

川口千里 菅沼孝三 手首は柔らかいほうがいいのか

<師匠との奏法比較の続き>

川口千里の動画を見ていると、「手首が柔らかいぞ」という評価をよく目にします。
ところが、師匠である菅沼孝三の動画を見ると、意外に手首の柔軟性というのは感じられません。
奏法比較

手首が柔軟であるというのは伝統的な奏法では重要なことです。
肘を中心とする回転運動でスティックを操作するために、指、手首のジョイント部分が可動して、全体がムチのようにしなります。

この奏法でなぜ手首を柔軟にしなければならないかというと、指でスティックを保持している部分だけでは可動性が足らないからです。
指がスティックを保持してしまっているので、スティックの運動に手がついていく必要がありますので可動する必要しなくてはなりません。

ここで師匠の動画を見てみると、あまり手首が可動している印象がありません。
肘の回転で叩いていないのでスティックを振り上げる必要が無いのです。
師匠は手数王だけあって、スティックが飛んでいくと困りますので、グリップはあまりフリーではありませんけど、本来のモーラーならグリップはスティックを保持していないので必要な可動域は手首をあまり動かさなくても確保できます。

手首が柔らかく可動するというのは、「モーラー奏法をやっていません」というしるしでもあります。

しっかり握ったグリップの欠点は、「スティックが鳴らない」というのが上げられます。
スティックをどこにも触れないようにして叩くと、スティックも結構な音量で鳴るものです。
スティックをしっかり握って叩くと、硬い音質で鳴ります。
これをコントロールすることでアクセントをつけると、大きな音だからと目いっぱい振り上げる必要がなくなります。

さて、師匠は彼女にいつモーラーを伝授するつもりなんでしょうか。
[PR]
by studio_do | 2011-11-23 15:50 | 音楽 | Comments(0)

川口千里に捧げるフリーグリップシステム

なんだか無理やりなタイトルですけど。

ドラムのスティックって、普通は人差し指と親指で握って、後の指は添えるだけという握り方をします。
5歳の女の子に限らず、教えてもらわなければ、または教える人も大抵この握り方です。

ところがこの握り方は、スティックが手に対して一点で固定されているので、スティックと腕・手首・肘が一体化しません。
力を入れて握るので、ジャーマンだフレンチだと悩んだりもします。
 
フリーグリップしシステムとは、指にはまったく力を入れないでスティックを保持するやり方です。
「うらめしや~」とすると、指は開きますよね。
そこから手首を上げると、自然に指がグーになります。
そこにスティックを差し込んでおくだけです。
全部の指でなんとなくスティックが落ちないように引っかかっているという感じです。

叩く動作は、腰、肩、肘の順番で引き上げた腕を自由落下させるだけです。
手を握らないまま自由落下させると柔らかい音になります。
ヘッドに当たる瞬間に握るとスティックの剛性が高くなり、強い音になります。

マッチドだと手の付いている方向のまま使います。 ジャーマンだフレンチだと悩んではいけません。
レギュラーは180度ひっくり返すだけでやることは同じです。
どこも握りませんので、マメもできません。

子供を川口千里にしたいお父さんは、これを覚えておく必要があります。
5歳ではこのメソッドは理解できないからです。
子供がどこまで成長したときにグリップシステムを矯正するかを考えるのは、師匠なり父親なりの仕事です。
師匠は選ばないと、この方法、知りませんからね。

これは、ピアノの重力奏法と同じですね。
近所の講師では自分が知らないことも知らないというのは。
自分は叩けなくても、父親は理解しておかなくてはなりません。
[PR]
by studio_do | 2011-11-22 01:36 | 音楽 | Comments(0)

川口千里 今後の課題

大げさなタイトルをつけてしまいましたが、下の対決動画をちょっと分析してみましょう。

川口千里 vs 菅沼孝三 音量・奏法比較


出てくる音量は互角ですよね。
千里氏のほうが、師匠に比べてスティックの振り上げ角度が大きいのが分かると思います。
同じ音量を出そうとして打撃速度を上げるためにバックスィングが大きくなっています。
また、手首の可動域も広そうです。

彼女の14歳という年齢を考えると、まだ今のうちは体格も小さいですから、筋力に比べて腕の重量が軽いんです。
これからどんどん体が成長して体のパーツが重くなっていきます。
同じスピードを維持するのは辛くなってきます。
手首が柔らかいというのは、手首より根元側の肘や二の腕の重さがスティックに掛からないということです。

「今後の課題」というのは、どこかで師匠のように打撃スピードではなく重さを重視する奏法にシフトする必要があるということです。
それには、まずグリップを、人差し指と親指に支点を作るグリップから、どこにも支点を作らないグリップに変更する必要があります。 
また、腕の振りを肘の曲げ伸ばしではなく腕全体を落下させるように直さなくてはなりません。

前の発言では、師匠はモーラーでは叩いていないだろうと書きましたが、下の動画を見るとフリーグリップやモーラー的腕の振りをしている場面もあります。
ただ、シンバルを下から叩くなどトリッキーなことをするときや、手数勝負の時は伝統的グリップも多用しています。
師匠の叩き方に、手数の割りにめったやたらに腕を振り回す印象が無いのはモーラー的動きの性だろうと思います。
菅沼孝三氏、モーラー検証


僕が言いたいのは、そういったグリップシステムへの移行は、成長に従った自然に行われるものではなく、的確な指導と理論の理解によって得られるということです。
まぁ、菅沼師匠がついているから大丈夫でしょうけどね。
[PR]
by studio_do | 2011-11-22 00:27 | 音楽 | Comments(0)

川口千里 爆音の秘密 

 ドラムを叩く際に爆音を出す秘密を考えて見ましょう。
 単純に言って、スティックがヘッドに当たる瞬間の運動エネルギーに比例すると考えます。
(まぁある程度以下の速度では音になりませんから限度はありますが)

 運動エネルギーKは、質量m と速さv の2乗に比例し、
  K=(mv^2)/2
となります。
 要するに、速さを増やすか、質量を増やすかです。
 
 普通の考えでは、スティックの重さは変わらないので、筋力アップで速さvを増やそうとします。
 筋力が倍になれば、運動エネルギーは4倍になります。
 でも、千里氏のか細い腕の太さを見ると、師匠の菅沼氏と同じ音量を出しているのは不思議ですよね。
 
 そこで質量を増やすことを考えます。
 スティックだけの重さに腕の重さをくわえます。
 腕を脱力して振り下ろし、ヘッドをヒットする瞬間にグリップを固めて一体とすることによって、スティックだけの重さに比べて10~20倍の運動エネルギーが得られます。

 千里氏は、自宅地下にhipgigを常備して思い切り叩ける環境でしたので、脱力して爆音を出すコツが自然に身についたのでしょう。
 モーラーを自然に身につけることは無理ですが、伝統的奏法でも反復練習によってちょっとした脱力とグリップのコツを体得して爆音が得られます。 
 
 けいおん!!でも、律がまだマメの残る手を見て「昔は思い切り握ってたからな~」と回想するシーンがあります。
 脱力すればするほど音が大きくなるというのが偶然発見できれば体得できると思います。
 
 ドラムを練習していて、手がマメだらけになってる人、グリップの方法が間違ってますからね。
 ちゃんとしたグリップなら、マメはできません。
[PR]
by studio_do | 2011-11-20 20:41 | 音楽 | Comments(0)

川口千里とモーラー奏法と反復練習

 川口千里氏のドラム遍歴を整理してみる。
 始まりは、父親が特売で買ってきたヤマハのエレドラDTXpress2であった。
 それを5歳で叩き始め、8歳で菅沼孝三氏に師事する。
 
 父親は一週間で挫折したそうなので、千里氏は3年間自己流で叩いていたことになる。
 さしたる手本もなしに3年間を自己流で叩くと、スティックをしっかりと握る伝統的奏法になっていくのは納得できる。
 
 子供に自由に使ってよい楽器を与えておく、というのは楽器習得の王道と思われており、ある意味正しい。
 
 が、ドラムの場合、モーラー奏法を自然に体得するのは無理だ。
 大脳でモーラー奏法を理解してから、反復練習を行う必要がある。
[PR]
by studio_do | 2011-11-20 01:13 | 音楽 | Comments(0)

川口千里 奏法解析 彼女はモーラー奏法なのか

<川口千里>

さて、最近注目のドラム奏者、川口千里さんであります。

天才ドラマーと言われておりまして、K-ON!の「叩いてみた」シリーズで人気爆発であります。
どっちかというと、けいおんのファン層の野郎と女の子ドラマーの支持を集めているわけで、「すごいすごい」とうコメントが世間に溢れていますが、まともに奏法分析をしたページがあまりあまりません。

師匠は「菅沼孝三」手数王でありまして、菅沼さんが「モーラー奏法」に言及していることもあり、川口さんもモーラーだと解釈しているひともあるようが、それを検証してみたいと思います。

まず、モーラー奏法について整理しましょう。
モーラー奏法とは、軍隊のスネアドラムを楽に爆音で叩くための奏法で、肘・肩の往復運動ではなく、肩・腕の重さで落とすように叩く奏法です。
モーラー奏法をやっている人の特徴がいくつかあります。
1)グリップがフリー。 親指人差し指でつままない。
2)手首より肘、肘より肩が先に動く。
3)上体がゆらゆら動く。
4)キックペダルをばねに逆らわずに踏む。

上気に注目して千里氏の演奏を見てみましょう。
グリップは、指を閉じている場面がほとんどで、人差し指が開いている場面はあまり見受けられません。
また、動きは肘の屈伸、手首の動き、指の屈伸が先行しており、肘・肩・体幹が先行する場面は見られません。
上体は常に直立して安定しており、体幹は動きに関与していないことが分かります。
キックペダルは、中立位置を基準に踏んでおり、ばねを押さえつけて踏んでいることが分かります。

以上のことから、千里氏は伝統的奏法で演奏しており、モーラー的な動きは見られないと思います。

師匠である手数王、菅沼孝三氏の動きを見てみると、モーラーを取り入れてはいますが、グリップは伝統的で人差し指は閉じたままです。 肘の開け閉めで叩くとインタビューで答えている場面はありますが、実際の演奏場面では操作感覚は指にあって、肘は開閉してないようです。
そのことから、菅沼氏はモーラーは会得しているが常には使っていないと思います。

大人顔負けの音量を出すというのは、モーラーではないにしろ脱力ができているということだと思います。
爆音が出せる秘密は後日検証しませう。

以上は、僕の勝手な観察によるものです。
機会があれば、本人にインタビューしてみたいものです。
[PR]
by studio_do | 2011-11-19 17:11 | 音楽 | Comments(0)