モーラー奏法の歴史

1.モーラー奏法の歴史
 モーラー奏法は、南北戦争時のドラムコーの奏法をサンフォード・モーラーさんが1920年代に体系化した奏法です。
 ドラムコーですから、ホルダーで体に吊るしたマーチングスネアをたたくので、レギュラーグリップを想定してます。
 注目すべきは、スネアの打面が体のごく近くにあることで、セットドラミングの際のマッチドグリップでは前腕の延長として扱うスティックが、ここでは上腕からスネアの中心に向かって角度が付いた形でグリップされる点です。
 この形だと、ストロークは肘の屈伸、手首の屈伸より前腕の回転が中心になるのは、自然なことです。

 モーラー奏法の原点は、この前腕の回転を、脱力した腕で上腕基点で動かす手法です。
 ですから、動作としては、
  1)フルストロークのダウン
  2)リバウンドからのタップ
  3)アップストローク
の3種類となり、この段階では内回転、外回転という概念はありません。

 ですから、現在では外回転、内回転ダブルで叩かれているトリプレットは、
ダウン、タップ、アップ
というシーケンスで叩きます。

2.セットドラミングへの進化
 オリジナルモーラー奏法では、シンバルやタムを叩く手法がありません。
 スネアも水平にスタンドに乗せられるようになり、マッチドグリップが出現しました。
 スネアが遠くなったので、前腕の回転ではなく、肘と手首の屈伸で叩く奏法が一般になりました。

 モーラー奏法もこれに対応する必要が出てきて、進化します。

 上腕基点だった動きに肩の上下前後が加わり、大きな動きが出来るようになりました。
 アップストロークは内回転ストロークに進化して、フリーグリップの採用と合わせてリバウンドを生かした連打が出来るようになりました。
 「モーラー奏法では、外回転でアクセントを、内回転でノンアクセントを打つ」という常識はここから来ています。

 ハイハットを叩くときに、外回転でダウン、内回転でアップを叩きますが、これはオリジナルモーラーそのものです。
 
[PR]
by studio_do | 2012-03-15 11:38
<< モーラー奏法の歴史 フリーグリ... ドラムを叩くのに筋トレは必要か。 >>