いそがしい

 設計を主体とする会社にとって、設計屋は屋台骨であって何よりも大切にせねばならぬ。
 外からアウトソーシングとばかり言っていると、自社で何も出来なくなってしまう。
 自社で、というのが大切であって、商社ならいざ知らず設計屋では自社で出来ることが大切。
 だから新人をどんどん入れて育てておかないと、気がついたらまわりに出来る人がいないということになる。
 不況だから採用を見送るって、市役所ぢゃないんだからね。
[PR]
by studio_do | 2005-10-14 18:30 | 日記
<< ブログの大流行 作文力 >>