可変角度タブレットスタンドの自作

d0010259_21345499.jpg
8インチタブレット ASUS MemoPad HD8のスタンドを作りました。
 
タブレットスタンドは色々市販されてますけど、背中につっかい棒をして角度を維持するものがほとんど。
キーボードをつけてタイピングするときに、このタイプだと、膝の上や新幹線のテーブルなど平らでないところや奥行きの短いところでは使いにくいです。
 
普通のノートパソコンのように可変角度のヒンジを持ったものが欲しかったので作りました。
d0010259_21393739.jpg
 
材料は、100均のA4クリップボードです。
d0010259_21371658.jpg


これを、手持ちのbluetoothキーボードに合わせて、半分程度にカットし、クリップに針金ハンガーで適当に背もたれを作って重量バランスの当たりをつけます。
d0010259_21372710.jpg

大丈夫そうならヒンジ部の設計をします。
角度可変のヒンジには、トルクヒンジを使います。
トルクヒンジの選定には、ヒンジやさんの便利なツールがあります。



これにタブレットの短辺のサイズ、重さを入れると最適なヒンジを紹介してくれます。
僕は、紹介されたHG-MF25を2つ使いました。
これは、0.245Nm(一つ分)のトルク値です。
支えられる重さは、0.245/9.8=0.025kgを1mの腕の先にぶら下げられます。
 
短辺12cmのタブレットの重心位置6cmで支えられるのは、100/6を乗じて416gです。
実際の重さが370gなので、2つ使った上で安全率をかんがえるとこんなもんかな、という感じ。

d0010259_21400749.jpg


d0010259_21373519.jpg

こんな感じでネジ止めします。 干渉するビスは、ビスカッターで切断します。
d0010259_21361126.jpg
d0010259_21360165.jpg



ボードへのタブレットの固定は、M3ネジのスペーサなどで現物合わせで適当に。
d0010259_21333782.jpg
d0010259_21330734.jpg
こんな感じで角度可変が出来ます。




[PR]
by studio_do | 2017-11-10 22:22 | 機械室から | Comments(0)
<< スマホ、タブレットのビデオカメ... Asus memo pad H... >>