ジャズのおけい その8

門外漢ではあるが、ボーカルの手法について。

ボーカルの声の出し方には二通りの考え方があって、

1)腹式呼吸でしっかりとした声を出す。
  横隔膜を意識して肺ではなくお腹に息を吸う。

2)普段友達と話すように歌う。
  歌いだしの前に息を吸ったりしない。

 全く違う二つの手法がある。
 町のボーカル教室でどっちを教えているのかは知らないが、どちらも正解だ。
 ジャズというのは、英語圏の音楽であって、楽器のフレーズも英語のリズム
に由来する。
 しゃべるように、というのは意識として必要だろう。
 
 大ホールでノーマイクの曲芸をやる(岩崎宏美とか和田アキ子がよくやる)ときは
腹式呼吸が必要だが、素人がPA付きで小さいホールでというなら、2)の方法でも
よかろうとおもう。
 
 友達に「おはよう!」と言うときに、
すぅ~、「おはよう!」とは言わないでしょ。 
 息を吸わないで、声を出すよね。というのが根本思想だ。
[PR]
by studio_do | 2006-04-06 12:45 | jazz
<< ジャズのおけいこ その9 ジャズのおけいこ その7 >>