ジャズのおけいこ その9

 その9にもなって書くことではないと思うが、それでも書いておこう。

 スィング系jazzの基本リズムはシャッフルである。
 3連符である。

 が、そうゆう譜面的なことのまだ上位概念として、jazzのリズムは
音符の長さの感じ方が大事なのだ。
 少し前の拍を喰い気味に発音し、ぎりぎりまで音を伸ばすということだ。

 走るんではなく、拍を喰うということが必要で、それにはやはり、
メトロノームで悟りを開くのが不可欠なのだね。

 2拍4拍で手拍子すればjazzになるってもんでもないのよ。
[PR]
by studio_do | 2006-04-20 18:39 | jazz
<< ジャズのおけいこ その10 ジャズのおけい その8 >>