人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ミュージシャンのPA入門その3

えーその2の小返しです
用語の質問とかだいぶ来てしまいましたので、解説です。

まず、SM58とSM57。
スタジオ録音にはもう少し高級なコンデンサマイクを使いますが、ライブには
頑丈なダイナミックマイクを使います。
音響機器を売っているサウンドハウスのHPのshureのページ
同じところのマイクケーブルのページ

マイクケーブルについてはPA屋の基本であって、いずれ1回分を費やして解説しようとおもっている。
ケーブルは巻いて収納するわけで、巻いて縛っておくための紐をあらかじめケーブルに縛ってあることがよくある。 その紐がマイクの根本にぶらぶらしてるとかっこ悪いよね。
 
参考になるページです。
Bacchinの部屋
TOSS’s home
不二音響のページ
# by studio_do | 2006-05-19 22:59 | PA入門 | Comments(0)

ミュージシャンのPA入門その2

「マイクを立てよう」

 最初に立ち位置を決める。 新人バンドだと誰かに指示されないと立ち位置が決まらない人が多い。
 立ち位置は客席から見ての見栄えと、プレーヤー間の意志の疎通のし易さを考えて決める。
 ミキサーがいないなら、誰か一人は卓のそばに立ち位置を決める。

 スタンドを立てる。 3本足の真ん中のシャフトのネジもしっかり締めよう。
 譜面台が必要ならここで立ててしまう。

 マイクをスタンドに取り付ける。
 大抵置いてあるのは、ボーカル用のSM58と楽器用のSM57だ。
 ボーカル用のほうが丸いスクリーンが付いている。

 次に卓側のマイク入力コネクタを確認する。 卓まで直にマイクケーブルを引っ張る場合と、
マルチケーブルでステージまでコネクタを延長してある場合とがある。

 卓のチャンネル割りをする。 
 制約はないが、ボーカルは左端に割り付けたほうがハウったときにフェーダーを下げやすい。
 あまりマイクが多いなら、基本的には端から番号を振っていく。

 シールドを用意する。 キャノンで片側ピンで片側ソケットになっているもの。
 綴じ紐がしばってあって、丸い束になっていることだろう。
 マイクにはソケット側、卓にはピン側を挿す。 たぶん卓側に綴じ紐が来ているはずだ。

 卓に挿す前にフェーダーが全部ゼロになっていることを確認する。

次回は、とりあえずの音の出し方かな。
# by studio_do | 2006-05-19 12:42 | PA入門 | Comments(1)

ミュージシャンのPA入門その1

何を書こうか。 まずは場面設定から。

ステージがあって、ミキサー卓、スピーカ、マイク、スタンドなどの設備はあるとしよう。
ミキサーとボーヤがいればお任せだが、そうも行かない場合、自力で音を出すまで
やらねばならない。

ライブハウスではなく、レストランなどでの演奏ではよくあることだ。
さぁ音出しまで時間がないんだ。 さっさと自分の楽器のマイクセッティングくらいはしてしまおう。

ややこしいのでミキサー卓からパワーアンプ、スピーカーは常設で配線済みとしよう。
そこまでやるのはまれだ。

おぉ段々イメージがわいてきたぞ。
ぢゃ、次回は「マイクを立てよう」というテーマで行こうかな。
# by studio_do | 2006-05-19 01:30 | PA入門 | Comments(0)

ミュージシャンのPA入門

ジャズのおけいこも知っていることは大抵書いてしまったので、次の話題に。

バンドをやっていて、不可欠なのがPAの知識。
知らなければ知らないでもいいのだが、バンド内で誰かは知っておかねばリハーサルができない。

PA屋、音響屋を目指すほどの知識がなくとも、マイクを立てて、PAに火を入れて音を出す最低限の知識は必要だ。
自分自身の整理も含めてしばらく書いてみようと思う。
# by studio_do | 2006-05-18 12:36 | PA入門 | Comments(0)

ジャズのおけいこ その12

ジャズを演奏するという場合、知っておかなくてはならないのはコード進行の話。

プレーヤーにとってはコード譜に書いてあるとおりではあるのだが、適当に端折ることも大切。
初見能力にも関係していて、コード譜の読み間違えや小節数の数え間違いをしてしまったとき、
どれだけ素早くリカバリーできるかが大事なのである。

それには、コード進行のセオリーを知っておかなくてはならない。

簡単に言うと、3コード(T,SD,D)と5度進行しかない。
あとは5度進行を繰り返して、
「いちろくにーごー」とか、「ドッペルドミナント」が出来、
代理コードで「つーふぁいぶ」が出来るだけだ。

コード譜を読むときは、ざっと3コード的に分類した読み方をして
どこがトニック部分か、サブドミナントか、ドミナントなのか、
ダイアトニックから外れたコードはどれかを中心に読むようにする。

ただ、テンションノートは無視してもよいが、トライアドが変化したコード、
ディミニッシュ、フラットファイブ、オーギュメントだけは読んでおかないとバックと合わないから気をつけよう。
# by studio_do | 2006-05-12 17:42 | jazz | Comments(3)